だしまきたまごがあまくてこまった

ハロプロが好きなオタクたち

アイドル楽曲考察「大阪のどこらへん!?」

先日より、ハロー!プロジェクト楽曲にまつわるエッセイを集めた同人誌『いちいち言わないだけだよ。』を頒布しています。(詳しくはこちら

制作期間中毎週のように会議を重ね、あらゆるハロプロ楽曲について考えまくっていたのですが……

 

その中で、松浦亜弥の楽曲『ふたり大阪』に出てくる、

〈あなたがわたしの大阪やった〉

〈大阪〉って…具体的にどこなん?という疑問が生じたのでありました。


他県にお住まいの人からすれば、大阪は大阪だろう、とお思いになるでしょうが、一口に「大阪」といっても様々なエリアがあるわけで。
エリア毎に住んでいる人々の活動傾向や文化、キャラクターは変わってくるわけです。オオサカ・ディビジョンじゃねえんだわ!!

 

俄然、『ふたり大阪』の元恋人のパーソナリティやバックグラウンドを掘り下げたくなってきました。

 

さて、このブログや同人誌の対談をお読みの方はお気づきかと思いますが、サークルメンバーは全員が関西出身。

我々の土地勘と経験則をかき集めれば、アイドル曲の歌詞に出てくる概念的な『大阪』は具体的に「どこ」か特定できるのでは!?
早速、「大阪のどこらへん!?」考察のしがいがある歌詞を含む曲を囲んで討論する運びとなりました。


ここで出場選手6名を、各々の大阪及び関西の電車の思い出と共に紹介します。

いなだ易南海線から見る通天閣に安心するネ
pirarucu:やっぱり阪急阪神ホールディングスがナンバーワン!
たぬき:なんで地下鉄谷町線って主要駅での乗り換えが常に不便なんですか?
なつめ御堂筋線に乗ってはや25年。梅田からなんばまでは私の庭♡
浜場つんく♂と同郷です。乗り換えといえば本町駅ですよね?
ましゅまる阪急電鉄激単推し、茶屋町しか勝たん♡乗り換えは二回までが限度


それでは討論開始です!

 

~ラウンド1~
大阪恋の歌/モーニング娘。
2005年4月27日発売 作詞・作曲:つんく

p:まずは『大阪恋の歌』。大阪の恋が遠距離になって終わる歌やね。
:悲しいね~。
:絶対これつんくの実体験やろ、っていつかのカラオケで言ってたよね。
つんくが東京進出したときの歌。
:とりあえず、男の恋人が遠くへ行って、主人公が大阪に残留ってことやんな?
p:曲中あんまり地名は出てこないけど。
:唯一出てくるのが〈まったり歩いた山〉な。どこやと思う?

 

p:どう考えてもこれは六甲山やろ。大阪じゃないけど、デートスポットの定番やし。
:それは兵庫の人間の驕りや、東大阪つんくの出身地)の人間は東にしか行かんから生駒さん春日大社しか山は無い。
:大阪の山と言えば生駒か二上山やろ!
箕面しかない!〈まったり〉歩いた先は絶対滝!
:私は六甲山派!デートでアウトドアと言えば六甲山になるはず!!整備もされてるし、〈まったり〉といえば六甲山の展望台の辺りやろ。
:いや、どこのハイキングコースもある程度整備はされてるし、ロープウェイで紅葉見たりできるやん。生駒も二上山も遠足の定番やし、大阪で育ったら絶対選択肢に挙がる。
生駒山でおばあちゃんたちと混ざって〈まったり〉したんやろ、わんにゃんケーブルカー乗って生駒山上遊園地でいちゃついた後に。
:大阪の男と兵庫の女が石橋(阪大前)駅で集合するんやって。ほんで阪急箕面線に乗るねん。

 

p:収集がつかない…。
:大阪は三方山やからね、小学校の社会の授業で最初に習う。
金剛山高野山も良い山ですね。ハイキングにぴったりの山がたくさんある。好きな山が多くて決められない。

 

p:とりあえず六甲山派から話をしようか。
:六甲山はとにかくデートスポットやねん。山の上の方までロープウェイで登れるし、がっつり登山靴じゃなくても頂上まで行ける!しかも、山頂に牧場とか植物園とかが固まってあるからハイキングしなくても山の雰囲気が楽しめるねん。何がってお洒落やろ?雰囲気が!〈まったり〉歩けるやん。
p:確かに六甲山の上、登山客とは思えへん格好の子多いよね。六甲ミーツ・アートとかの企画もあるしのんびり歩いて回るところってイメージ。

 

:いや、その論理で行くとさ、pirarucuさんは数年前生駒山一緒に登ったときにインソールスニーカーで来たやん。登山とは思えん恰好して山上遊園地で遊んだやないか。
:生駒さんも生駒駅から直で生駒ケーブル乗って山頂まで行けま~す!箕面にはない。

f:id:dashimakiproject:20201101230509j:plain

公式HP「生駒山上遊園地」子どもと安心して楽しめる遊園地

 

p箕面派はどう?
:1人しか箕面ディビジョンおらんくて分が悪い…そしてロープウェイもない…。
:勝手にディビジョン増やすな!私が箕面行くことないから全然ピンとこん。
:猿がいるイメージしかない。
箕面にロープウェイはないけど、傾斜は緩いからスニーカーで歩けるよ。あと温泉もあります。
:それはわかるけどデートではないんよな、祖父母と紅葉狩りに行くとこ。
:確かにうちもおばあちゃんがよくもみじの天ぷら買ってきてたなぁ…。あ、もみじの天ぷらがのってるソフトクリームとか美味しいよ!あと箕面ビール美味い!
箕面ビールそんな頃から有名やった?当時は昆虫館のイメージが強かったと思う。

f:id:dashimakiproject:20201101230523j:plain

箕面公園昆虫館

箕面昆虫館、夏休みになるとあらゆるカブトムシを見られる最高の施設だが。
:この曲出たの2005年やん。令和の話すんなや!その当時のことを検証してんねや!!!
:エーーーーン!!!!!!!
:なんか生駒派が恫喝してるみたいやん…六甲山派はなんかないんですか。
:え〜生駒派過激〜〜六甲山派はそんなことしないもん〜
:喧嘩しに来たんちゃうんか!!!
:なめとんちゃうぞ!!!!

p:決着つかなそうなので次行きます。

 

~ラウンド2~
『ふたり大阪/松浦亜弥
2011年12月21日発売 作詞:2℃ 作曲:土肥真生

p:次は『ふたり大阪』。この企画をやろうと思ったきっかけの曲です。
播州弁(主に兵庫県西部で使用されている方言)を喋る主人公が、大阪出身の元恋人を思い出す歌やね。

pあややが姫路出身やから主人公が播州弁なんだろうな~とは思う。問題はどこで大阪の恋人と知り合ったかよね。
:姫路から出てきて、進学か就職で大阪に住み始めたんやろな。
p:流石に通いはちょっときつい距離かな。
:実家の締め付けがきついと通いもありうる。恋人と同棲する形で出てきたのかも。

p:一人目の恋人、結局大阪のどこらへん出身やと思う?

 

〜ここから路線図を見ながらお楽しみください〜

 

:とりあえずこの元恋人って、所謂「大阪」っぽいイメージの人やんな。播州弁のことからかったりしてるし、大阪のミナミの方の中心辺りの出身やと思うねんけどな…。
:堀江(西大橋駅近辺)とか船場本町駅近辺)に行ってるところを見ると四ツ橋線・御堂筋線かな、私は大国町駅を推す。
:そうやねん。その人のよく知ってるエリアでデートしてたんかなって。
:勝手なことを言わせてもらうと、〈飾らへんカッコも 気取らへん笑顔も〉するのは八尾のイメージかな〜。
:八尾の人間は河内音頭にやたらプライドを持っている。


:行動範囲が狭すぎて地理が全くわからん……。話に入っていけない……。

p:一方で、〈あたらしい人〉〈スマート〉〈流行りの男〉だという。
:2011年、塩顔ブームだったらしい。
北摂の方やな。阪急沿線に住んどる。
:分かる。とりあえず大阪のキタエリア以北やな。淀屋橋辺りのサラリーマンっていうのもあり得る。シュッとしてるやん。
:流行りやな~。
:センスの良いネクタイ着けて、細身のスーツ着とる。そら、〈たこ焼き機も贈らん〉し、〈ソース味のキス〉もしないやろ。
:ヒエ~~!スリーピーススーツ着てそう!
:たこ焼き好きじゃないんだよね…とか言う。
:偏見がすごい!!!

p:もはやたまたま大阪に来てる東京の人なのでは?
:近畿圏外の人やから播州弁大阪弁の区別さえつかないという可能性もある。
:あ~そしたら一度は東京に憧れたけど、心からは好きになれんかったみたいなストーリーとも読めるかな。
:まぁ結局、大阪の泥臭い感じが恋しいみたいな曲やもんな。

 

~ラウンド3~
『大阪ロマネスク/関ジャニ♾』
2006年6月7日発売 作詞:相田毅 作曲:谷本新

p:なんで急にジャニーズ!?
:だいぶ前になつめちゃんと『Johnny's World Happy LIVE with YOU』を見たんだよ。
:それで関ジャニ∞のパフォーマンス見て、大阪ロマネスクを聴いたんやけど、歌詞オモロくない?ってなったんよな。
:そうそう。これ皆で具体的な場所考えたら面白くない!?ってなった。
:なので持ち込み企画を立ててみました。

p〈恋をするなら御堂筋から始まるのさ 雅なる物語〉ってしょっぱなから地名が。

:てか、そもそも御堂筋って雅なん!???
:銀杏のにおいは雅やからな。
:毎年臭すぎて文句言うとるやろ!f:id:dashimakiproject:20201101235434j:plain

〈遥か 遥か 西の街〉って歌詞なに?そんな西の果ての人間の自認持って関西で暮らしてへんやん。
:大阪が日本の中心ですけど……地図見てみ……。
p:怖い。

p:ほんで〈かけだした君の背中が 消えた梅田駅〉やしな。
:私絶対この〈君〉って阪急沿線出身やと思うんですよ。
:阪急梅田駅の3階の改札口前で話してて、走って電車乗られて人混みにまぎれちゃうイメージ。
BIGMAN*1のところかと思ってたわ。2階まで爆速で階段駆け上がったんかと。
:私は3階の改札やと思ってたけど、新梅田食堂街マクドでだべっててエスカレーター駆け上がったんかな~て。
:何階分駆け上がらすねん。
p:勝手に阪神梅田やと思ってたわ。
阪神の改札行く階段は下りやから。背中見えへんのよな。吸い込まれていく君の背中、になってまう。

p:まず〈この街の言葉 乱暴と言ったね〉ってあるから〈君〉は大阪の人じゃないんよな。
:そんなん言うん、どうせ阪急ユーザーやん。
:はたして神戸線京都線か。宝塚線ではなさそう。

p〈恋をするため 心斎橋には人が来る〉とありますが。
:ひっかけ橋(戎橋)*2のことか?!
:歌詞にも出てくるしな。ナンパの話なんか?
:ナンパは最悪!!にしても、恋をするため、ってどういう事なんやろな。
:最近あの辺はナンパと言うより悪質なキャッチのイメージがある。
:ひっかけ橋って言われても分からんかったけどグリコ看板のあるとこね!

p:神戸の人間からしたら心斎橋は服を買いに行くところなんよね。
:なんで?三宮で買ったらええやん。
p:三宮にはないブランドが心斎橋にはある、みたいなことがあるんだよ…。
:古着にかけては関西イチでしょ。
p:服を買うため 心斎橋には人が来る
:てことは、主人公も恋人に心斎橋で服を買ってあげてたんやろうな。
:おしゃれカップルがアメ村の古着屋巡って互いの服選んであげてたんかもしれんやん?
:絶対大丸のキラキラした服やろ。
p:2010年ぐらいの心斎橋大丸のうふふガールズが良かったんよ。
※心斎橋店のリニューアルに伴い閉店しています。

取り扱いブランド一覧 | ufufu girls うふふガールズ 梅田店

:私はOPAが好きやった。心斎橋のOPAって大阪の中では、凄い綺麗なお姉さんの服が買えるっていうイメージやったよな。そう考えれば心斎橋で服買うのってウキウキするイメージ。

 

p:ていうか〈難波の庭園 好きだったね〉って、難波に庭園とかあったっけ?
なんばパークスやんけ!!!!!


Google翻訳したんか?
:パークスのこと「庭園」って呼んでるカップル、笑いのセンスがありすぎる。
:確かに緑はいっぱいあるけど買い物したり映画観たりしに行くとこ、商業施設よな。
:ちなみにですが、難波の予備校通ってた身から言わせてもらうと、お金のない浪人生はパークスの公園で溜まりがちやで。公園として機能している。

 

p:そのあと〈二人ではしゃいだ 観覧車から 神戸まで見えたあの日が 続くと信じてた〉って言ってるから〈君〉阪急神戸線ユーザーで間違いない!!!
:大阪まで来ても抑えきれない神戸愛。
:夙川より西から来てる。
p:神戸の人間、三度の飯より神戸の夜景が好きだから。

:どこの観覧車かが問題よな。どこやと思う?
梅田から近いとこで言うと、やっぱりHEPかなぁ?一応公式が明石海峡大橋まで見えると謳っている。
:ガラスが汚いので全てがぼんやりして見えるが……。


:神戸まで見えるとなるとそこそこでかくないとやから、天保山の大観覧車かな。
海遊館とのセット券で乗ってるやろ。
:あそこは確かにはしゃいじゃう。ユニバも見えるし!
:でも天保山行くとなると本町駅で乗り換えなあかんからなあ。

天保山大観覧車トップページ


:御堂筋沿い縛りだとすると宗右衛門町のドンキの観覧車もアリやけど、あの観覧車めっちゃ低い。
:ビルしか見えんよな。
:でも今観覧車乗りながらVR見れるらしいで。
p:あの観覧車動いてたんや。 


さて、先述の同人誌ではハロプロ楽曲を人生の一シーンという切り口から取上げたのですが、アイドル楽曲は地域色豊かな側面もあり楽しいですね。

今は関西を離れて各地に散らばっている我々ですが、やはり生まれ育った街についての話は盛り上がります。

同人誌の編集作業も終了したので、定期的にオタク会議ができればなと思っています!

 

 

 

 

*1:阪急梅田駅にある大型ビジョン。定番待ち合わせスポット。

*2:あまり好ましい呼び方ではありません。

【予告】ハロプロ楽曲エッセイ集『いちいち言わないだけだよ。』

f:id:dashimakiproject:20200605174539p:plain

 

Hello!Project楽曲にまつわるエッセイ集

『いちいち言わないだけだよ。』 

発行のお知らせです!!

 

ごあいさつ

いなだ易です。

 このたび、モーニング娘。をはじめとする女性アイドル集団・ハロー!プロジェクト(通称:ハロプロ)の楽曲にまつわるエッセイ集を発行しようと計画しています。
シンプルに言えば、ハロプロ楽曲と私たちの人生」をテーマにした同人誌です。

 1997年のモーニング娘。結成以来、23年もの年月をかけて、のべ150名を超えるメンバーたちが、1500曲以上の女の人生を歌い継いでいる。それがハロプロです。

 

 多種多様なハロプロ曲と、それぞれの道を歩んできた女オタクの人生が交錯した瞬間を集めた一冊を作ります。

 

企画の趣旨

 ハロプロの楽曲は、その多くが若い女性の真剣な悩みや恋、ただそこにある生活の一幕を歌ったもので、曲の主人公達と近い年代のメンバーたちがそれをステージ上で演じるように歌い踊って表現するという構造を持っています。

 そして、日々生きるなかで心に浮かぶけれどあえて言わないような、もしくはうまく言葉に出来ないようなことを、音楽という形で語ってくれる。その姿がファンの共感や憧れを生んでいると感じます。

 

 そのせいか、ハロプロ楽曲のメッセージは、我々ファンの生き様にも直接干渉してくるような気がします。ハロヲタがそれぞれ全く違う人生を歩む中、ここぞという局面で、曲中の物語や、歌詞の一節に心を寄せる日があったのではないか。


 この曲の姿勢にシビれて自分のテーマソングにしている、この曲の主人公のようになりたいけどなれない、失恋したとき/恋をしたときはあの曲ばっかり聞いてた、何気ない一言に傷ついた夜、あのパフォーマンスに心震えた……そんなエピソードが尽きないハロプロが好きです。

 私は、そんなハロプロ楽曲が誰かの人生の一シーンにクリーンヒットした瞬間をエッセイとして綴り、集めることで楽曲の力を共有し、また各々がハロプロ曲とともに生きた記録としたいと思っています。

 

なぜエッセイ集なのか?

 ハロプロ楽曲の魅力の一番肝心なところは、いろんな立場を生きる主人公たちの生活の延長として人類愛を歌う、ミクロな世界とマクロ目線の反復横跳び。そのメビウスの輪のようなつくりにあると思います。
 近年、著名人らの口から、「世界平和を真面目に歌う」とか「主体性のある、怒れる女の子」だとか、総論的にハロプロ曲の特色が紹介される機会が増えてきました。だけど、なんとなく物足りない。


 ハロー!の世界の持つ寂しさや愛を真に表現するには、その構造上、究極に個人的で主観的な目線が欠かせないような気がします。楽曲批評や評論とはまた違って、ファンがハロプロ楽曲とともにある自分自身を語る、エッセイという形式がぴったりなのではないか。
 何より私自身、ハロヲタ各位がハロプロ曲と共にどんな人生を歩んでいるのかを知りたい!そんな気持ちから、この企画を立ち上げました。

 

 ハロプロの曲に共通するのは、一曲を通じて一人の心の内面を歌い上げるスタイル。曲ごとに一人の人生が描かれていると仮定すると、1500人以上の人生のデータベースとも言えそうです。
 各曲の主人公達は、住む場所も、年齢も、仕事も、夢も、人との関わり方も全然違うけど、それらが音楽となって1枚のアルバムに、ひとつのコンサートに集まっているのが面白いんですよね~。

 

 ハロプロに倣って、いろんな立場を生きる人々が普段は「いちいち言わないだけ」で胸に秘めているお話を集めて束にしてみたい。

ということで、そんなエッセイ集のタイトルは、

『いちいち言わないだけだよ。』

 

寄稿者の属性について

 歌い手であるメンバー自身が女性だからでしょう、ハロプロ曲の主人公は、少しの例外を除いて、ほとんどが女性です(少なくとも、そのように読み取れる歌詞が大半です)。

 とはいえ、突き詰めればあらゆる人類に通ずる寂しさや幸福が主題であるからこそ、ファンの属性を問わず広く長く愛されているはず。

 そこで今回、エッセイの寄稿者を募るにあたって、属性の条件は設けませんでした。ただ、企画者自身が20代女性であり、同性・同世代の知人が多いこと、男性ファンにも声をかけてみたけれど、自分の人生に引きつけたエッセイは書けないなあという回答を貰ったことから、寄稿者が女性のみになりました。

 このような経緯を経て、今回の編集方針は「多種多様な女の生き様を歌い続けるハロプロ曲と、それぞれの道を歩む女オタクの人生の交錯点を集めたエッセイ集」に決まりました。

 

同人誌の構成

ハロプロ楽曲にまつわるエッセイ集

 メインコンテンツとなるエッセイ集。10名の寄稿者が集まって下さいました。トリビュート・アルバムのようなイメージで、各自が選んだ1曲に寄せて、エピソードを語るエッセイを10本収録します。

(「いちいち言わない」話を書いてもらうために、寄稿者のお名前は一応ナイショです。)

 

 人生を振り返れば、「いちいち言わなかった」ものごとにも色々ありますよね。ハロプロ曲が焦点を当てる出来事や心の作用もさまざまです。

 なので、寄稿者の皆さんには、自分の人生において大切だと思うお話であればどんな内容でも構いません、とお伝えしました。今も解決していない悩みの話、やるせない思い出、底抜けに明るくてハッピーな話、ハロプロ曲がそこにあれば何でも!

 

 夢、思想、恋愛、仕事、自意識、ジェンダーセクシュアリティ、家族や人間関係、暮らし……?それぞれ、ハロプロ曲をお供としてどんな問題に向き合ってきたのでしょうか。

 少しずつ到着しつつある原稿を読み進めているところなのですが、自分ではない誰かの人生に思いを馳せながら改めて楽曲を聴く、それが今一番の楽しみですね!楽曲がさらに愛おしくなります。

 

企画ページ

 エッセイのほか、「ハロプロ楽曲と共に生きる」ために役立つ楽しい企画ページもたくさん制作中です。このブログ限定で、その概要をチラッとお伝えしちゃいます!

 

ハロプロ歴史紹介~すごろく風~

 ハロー!プロジェクトのことを全く知らない人にもその魅力を伝えられる本にしたい!ということで、まずはハロプロ23年間の歴史をすごろく風にご紹介します。
LOVEマシーン』しか知らない方も、昔は好きだったけどハロプロってあれからどうなってるの?という方も、ぜひお手にとってみてください。 

その他、

・朝から夜までシチュエーション別・プレイリスト集「HELLO!DISCOTHEQUE」

ハロプロ失恋曲・フローチャート診断「失恋なしでは生きてゆけない」

ハロプロ曲を爪先に宿すネイルカタログ「おねがいネイル’20」

 

など、どのページもめっちゃ面白く可愛く実用的な仕上がりになりそうな予感です!
各企画の詳しい内容については、今後こちらのnote上でお伝えしていきたいと思います。

 

・巻末対談
 「私たちはなぜハロプロ曲と共に生きるのか?」をテーマに、みんなはどんな時、どんな気持ちであの曲を聴いてる?ハロプロにまつわる幼少期以降の思い出は?BEYOOOOONDSってちょっと特殊じゃない?などなど、エッセイだけでは語りきれなかったこぼれ話を中心に、企画・編集メンバーで対談してみました。

 

頒布予定

A5判/60頁超/オフセット印刷/カラー頁あり

頒布価格は未定ですが、700円前後を予定しています(変動あり)。


イベント参加予定:

8月22日(土)超スパコミDay1@大阪11月22日(日)文学フリマ東京(※それぞれ申込済)

サークル名義:「てぱとら委員会(仮)」

 今後の即売会の開催状況等によっては、8月頃からBOOTHでの通販開始も検討しています。

 

おわりに

 この本は私(いなだ)の個人誌ではなく、多くの方が企画・編集に関わって下さっているプロジェクトです。編集作業は道半ばですが、制作過程を徐々にお見せしつつ、幅広い方にこの本を届けられるよう宣伝していきたい!と思い、このブログを作成しました。

 ハロプロ曲と共に生きてきた人、「いちいち言わない」人生の話に興味がある人、女と女のエピソードに惹かれる人、アイドルや音楽全般との関わりに興味がある人、様々な方に読んで頂けることを願っております。

 

 ハロプロ楽曲の魅力と、私たちが今こそ言葉にしたい人生の話が伝わる、そんな本を作りたいと思います。完成の折には、ぜひお手に取ってみて下さい。

 

2020年6月 責任編集・いなだ易

f:id:dashimakiproject:20200605180056p:plain



 

「腐女子トレンド動向調査」~ご意見&回答編~

プレゼン大会の記事を書いた、いなだです。

闇鍋オタクパーティーがバズり、これは滅多刺しの晒し上げ……?とおびえていましたが、オタクのみんなが想像の10000000倍優しかったのでとっても♡Happy♡

 

とくにpixiv小説ランキングの記事はすごかった! 

調子に乗ってTwitterにお題箱を設置したところ、往時の自ジャンル事情を丁寧に教えてくださったり、興味深いブコメも色々と。

たくさんの方々、愛のあるコメントを本当にありがとうございました。愛されてる!!諸作品と二次同人の世界!

 

頂いた情報をpixiv小説ランキングウォッチャーに全部投げたら、アホみたいな量の追記が送られて来ました。

分量がアホすぎたので、読みやすく編集して投稿します。目次のリンクも使ってね。マジで量がアホ!!

 

続きを読む

オタクプレゼン大会のススメ⑥「pixiv小説ランキングから見る腐女子トレンド動向調査」

おたくだらけのプレゼン祭り最終編です。

開催概要はこちら

 

⑥「pixiv小説ランキングから見る腐女子トレンド動向調査」

 

★発表者紹介★

二次元出身アイドルおたく。ジョジョとか遊戯王とかアンジュルム。それはそれとしてpixiv小説ランキングをウォッチする謎の趣味を続けているので、旬ジャンルの動向にやたら詳しい。(Twitter:@ponpokotnktnk)

 

これまでのプレゼン内容からも分かるとおり、今回の発表者達は二次元畑のオタクが多いものの、みんなあんまり旬ジャンルに詳しくないのです。四季折々のお祭り騒ぎを視界の端に捉えつつ、それぞれの専門分野にこもりがち。

そんな我々が女オタク・覇権ジャンル史概論を基礎教養として学べる機会が欲しい!!

ということでpixiv小説ランキングウォッチャーに一肌脱いでもらって、女オタク二次創作の遙かな歴史を振り返りましょう。

   

f:id:dashimakiproject:20200203124011p:plain

「では、pixiv小説ランキングから見る腐女子トレンド動向調査の結果について発表させてもらいます。」

 

f:id:dashimakiproject:20200203124018p:plain

「わたしはずっと前から言ってるんですけど!!!」

(一同爆笑)

pixiv小説ランキングは腐女子の流行を最も反映するものだって!」

「わたしは多分高校生ぐらいの頃から主張してると思う!」

「仮説ですらなく持論…?」

 

「pixivとは、ユーザーがイラストや小説を無料で投稿・公開できるSNSのことです。オタクの大部分が利用していると思う。毎日その日の人気作品がランキングで公開されます*1。」

「今回はこの持論がホンマなのか?っていうのを本気でみんなに証明しようと思って!!!!」

(一同笑)

 

*1:pixivランキングの詳細についてはこちら

続きを読む

オタクプレゼン大会のススメ⑤「なぜアシュラマンは正義超人になれなかったか-『キン肉マンII世』における父性の問題-」

オタクのプレゼン合戦第五弾。

開催概要はこちら

 

⑤「なぜアシュラマンは正義超人になれなかったか-『キン肉マンII世』における父性の問題-」

 

★発表者紹介★

お笑いとか洋画とか好きな人だと思っていたが、気づいたらキン肉マンの話しかしなくなってしまった。(Twitter:@hxmxbx)

 

タイトル提出の時点から異彩を放っていたプレゼン。

キン肉マン』を読んだことがある人もない人も、父権社会をどう生きるかについてアシュラマンと一緒に考えてみましょう。

 

f:id:dashimakiproject:20200211012608p:plain

「まあタイトルの通りですね。なぜアシュラマンは…」

(一同爆笑)

「わからん!!!!!!」

「最初から分からん!!!!」「一旦笑わせて」

「『キン肉マン』読んでない?」

「読んでへん」

「えっあんま説明せーへんわ、ごめん」

「嘘やろ?!アシュラマン誰だよ」

「予習が必要なら言っといてよ!!!!!!」

「画像のキン肉マンっぽくない方がアシュラマン

「顔が三つある人か!」「阿修羅像」

「見たことあるわ、ツイッターの残像で」

「彼は悪魔超人として登場して、正義超人に変わったけど、結局悪魔に戻るキャラクターです。なぜ彼がそういうことになってしまったのかを『キン肉マン』の物語構造から考えてみよう、というプレゼンです。」

 

こんなこと言ってましたが、プレゼン後はみんなアシュラマンのことが大好きになりました。

続きを読む

オタクプレゼン大会のススメ ④「オタクのための現代水族館案内ーー全国水族館めぐり中間報告」

無差別級オタクプレゼン選手権、第4弾です。

開催概要はこちら

 

 『オタクのための現代水族館案内ーー全国水族館めぐり中間報告』

 

☆発表者紹介☆

わたしです。ポケモンとかマンキンとかモーニング娘。が好きです。大人になれないだけか? 最近は童心を持て余して全国の水族館を巡っています。(Twitter:@penpenbros)

 

f:id:dashimakiproject:20200127221531p:plain 

「では、オタクのための現代水族館案内というタイトルで発表します。みなさんご存じの通り私は昔から水族館が好きで、ここ数年で全国ぼちぼち巡りはじめ、現在30館くらい回っています。」

※訪問館数30程度だと水族館おたく界隈ではピヨピヨのヒヨッコです

 

「そして私はもともと二次元やアイドルのオタクでもあるのですが、今回は水族館めぐりの中間報告も兼ねて、オタク的目線から水族館を超楽しむ方法についてお話したいと思います!」

 

続きを読む

オタクプレゼン大会のススメ③「ブラジャーオタクが考える"イケてるブラジャー"の選び方」

オタクのオタクによるオタクのためのプレゼン大会ブログ第三弾です。

開催概要はこちら

 

③「ブラジャーオタクが考える"イケてるブラジャー"の選び方」

★発表者紹介★

二次元のことはあまりわからないけど音楽とか好き。一緒に旅行に行くとブラジャーのブランドや商品名を当ててくる。(twitter:@natsumechan2020)

  

f:id:dashimakiproject:20200121225221j:plain

「では、ブラジャーオタクが考えるイケてるブラジャーの選び方プレゼンです。」

「サイコ~~~」

 

今回のプレゼン大会の中で、実用性の観点から熱い視線が注がれたのがこちら。

ブラジャーって色んな効果を謳う商品が並ぶ中で、なぜそんな効果があるのか、どんな付け心地なのか、よくわからないまま買ってしまいがちですよね?

そんな迷える子羊たちを、ブラジャーを愛してやまないオタクが導いてくれます。

 

f:id:dashimakiproject:20200121225539j:plain

「ブラジャーを選ぶのって意外と難しいじゃないですか。合うと思って買ったのに痛いとか、なんだかんだこれ付けてないなぁってのが皆一つ二つあるはずです。」

「それらをどうやったら減らせるんだろうか、と考えてみたのが今回のプレゼンです。」

「素晴らしい」「素晴らしい」

「最高の発表」

(拍手)

発表の目標が明確で信じられる。ブラジャーへの誠実な愛。

続きを読む